メインイメージ

頸椎ヘルニアの特徴

頸椎ヘルニアを聞いたことはあるが、よくは分らないという人が多いだろう。

首と背骨の間には“椎間板”と呼ばれるクッションの役割を果たすものがあります。

その中に入っている髄核という柔らかい組織がなんらかの原因で椎間板から飛び出し、神経を圧迫している状態を頸椎ヘルニアと呼ぶ。

“椎間板ヘルニア”と聞く方も多いと思いますが、そのほとんどは頸椎か腰椎のヘルニアのことである。

頸椎ヘルニアは腰椎に比べ、発症する年齢が高く、一般的に40歳代以上いわれている。

この頃の年齢というのは、頸椎への負荷が多い年代といわれているためかもしれない。

頸椎ヘルニアの発症原因は老化のほかにも、普段の姿勢や骨盤のゆがみなど挙げられるが、明確な原因もなく発症することもあるという。

普段の何気ない家事や仕事でのデスクワークなどで、頸椎部分に負荷が蓄積され、突然発症するケースも珍しくない。

頸椎ヘルニアの症状には大きく分けて3つのタイプがある。

@ 脊髄症状…手・体感・下肢の痺れ、歩行困難、便秘など
A 神経根症状…首・肩・腕が重い、だるい、痛み、首をそらすと腕が痛いなど
B 椎間板性疼痛…頭痛、頸部の痛み、めまい、吐き気など
この頸椎ヘルニアを特定する検査はMRIという大きな機械が必要。

頸椎ヘルニアを発症したり、疑わしい症状のある場合は、MRIのある病院を選ぶと良いでしょう。

参考リンク・・>頸椎ヘルニアの痛みを何とかしたい!!